クオリティレポート

QR_Vol.165【自己評価】
■前回の研究会報告(7月19日13:00〜16:00/参加者12名)

『ダイヤローグスタイルで学ぶ「自己評価」』担当:渡邊義

↓参加者からの感想です↓

■初めての試みで興味深かったです。自己評価については、グループでの分かち合いでいろいろな意見が出て、意義のある学習ができたと思います。

ダイアローグスタイルについての感想を述べさせて頂くなら、一般的にレクチャー学習だと受け身姿勢になることが多いけれども、この学習では、必然的に自分の考えを出力したり、他の方の意見をよく聞いてそれらをま..
2008年07月25日(金)   No.140 (クオリティレポート)

QR_Vol.164【知的感情で過ごすというこ】
■前回の研究会報告(◇7月5日18:00〜21:00/参加者13名)

『知的感情で過ごすということ』担当:渡邊奈都子

↓参加者からの感想です↓

■知的感情という言葉を聞き慣れないため、感情を知的に処理するといっても、最初はイメージが漠然としていました。
人は情動で動くと、人間関係を離してしまう危険因子が潜んでいて、それを防ぐために知的感情を高める必要があるということを教えて頂きました。
高めるとは、感情をモニターしたり制御する、これは単に冷静だというわけではなく、適切な感情を維持で..
2008年07月08日(火)   No.141 (クオリティレポート)

QR_Vol.163【悲観と楽観の心理】
■前回の研究会報告(6月21日13:00〜16:00/参加者13名)

テーマ【悲観と楽観の心理】担当:渡邊 義


↓参加者コメントです。

■悲観と楽観について、とても貴重な学びをさせて頂きました。
特に自分の重要な情報ファイル(USBメモリー)を人に預けるとしたら、楽観的な人にするか、悲観的な人にするか?と言う質問では、悲観的価値の重要性にしっかり気付くことが出来ました。
楽観と悲観のプラス面、マイナス面の話し合いの後は、個人的に楽観主義のマイナス面が普段の生活で相当出ていることを実感し..
2008年06月26日(木)   No.139 (クオリティレポート)

QR_Vol.162【「幸せな結婚のための8つのレッスン」第一章〜あなたから幸せな結婚を奪う悪魔〜】
■前回の研究会報告(4月19日13:00〜16:00/参加者13名)

テーマ【「幸せな結婚のための8つのレッスン」第一章〜あなたから幸せな結婚を奪う悪魔〜】


↓参加者コメントです。

■相手が変わってくれることを願ったり、不幸の原因は相手にあると思い続けることは、不幸をどんどん拡大させていくのだということに気付くことが第一ステップですね。

不幸せな結婚生活をしている夫婦は、どのように相手に接するかの「選び方」に問題があるのだ・・・という一節は、まさに行動は選べるという気付きにつながっ..
2008年04月30日(水)   No.123 (クオリティレポート)

QR_Vol.161【アファーメーション】
■前回の研究会報告(4月5日18:00〜21:00/参加者14名)

テーマ【アファーメーション】担当:渡邊 義

↓参加者コメントです。

■心の拠り所としていた思考回路が整理できました。
で、信念を宣言して、振り返りとさせて頂きます。

私のアファーメーションは、以下アクセル/ブレーキの順で。

愛・所属:私は人の良いところを積極的に探せます
     /私は人の話を心からウンウン頷きながら聞けます。
力・価値:私は願い続け、その実現の為の努力ができます
     /私は、私自..
2008年04月10日(木)   No.122 (クオリティレポート)

QR_Vol.160【ゲシュタルト療法とリアリティセラピー】
■前回の研究会報告(3月29日13:00〜16:00/参加者11名)

テーマ【ゲシュタルト療法とリアリティセラピー】


↓参加者コメントです。

■最初は、クライエントが怒っていたし二人の間の雰囲気から、少し違和感を感じました。
選択理論で大事とされている人間関係が離れていくのではないだろうか、怒っている時にほんとに本心が出るのだろうか、とか。
しかし義先生から、手法は違うにせよ、自己を気付かせること、現在に焦点を合わせるという意味で、選択理論と似ている部分があると聞いて、徐々に冷静にな..
2008年03月30日(日)   No.121 (クオリティレポート)

QR_Vol.159【論理療法とリアリティセラピー】
■前回の研究会報告(3月8日18:00〜21:00/参加者11名)

テーマ【論理療法とリアリティセラピー】


↓参加者コメントです。

■選択理論しか知らない私にとって、他の療法のロールプレイを見るのは初めてで興味がありました。

論理療法の、物事を決めつけた見方をしない、〜とは限らないという、見方や考え方を変えるお手伝いをする点は、ある意味選択理論と似ているところがあると思いました。

見方を変えた後、どうするのかを自分で決めていくのは、選択理論の重要な部分だと思います。
今回..
2008年03月06日(木)   No.120 (クオリティレポート)

QR_Vol.158【来談者中心療法とリアリティセラピー】
■前回の研究会報告(2月16日13:00〜16:00/参加者15名)

テーマ【来談者中心療法とリアリティセラピー】

↓参加者コメントです。

■ビデオを見て、カールロジャースさんがクライアントに寄り添ってよく話を聞いている姿に感銘しました。
グロリアはお父さんに受け入れて貰いたいという願望があり信頼関係の中でその言葉がでてきたのだと思います。

ロールプレイでは、カウンセリング役が「どうなったらいいと思いますか?」の言葉をつかう練習をしました。
クライアント役になったとき、自分の願望が..
2008年02月26日(火)   No.119 (クオリティレポート)

QR_Vol.157【コミュニケーションと親密感の関係】
■前回の研究会報告(2月2日18:00〜21:00/参加者9名)

テーマ【コミュニケーションと親密感の関係】/渡邊奈都子

今回は、私たちが相手とコミュニケーションを行なうときに、
どんな印象を持って関わり、どのような時に親密感を感じるかを
体験学習を通して学びました。


↓参加者コメントです。

■体験学習から、人の印象というものは、自分から見た他人も他人から見た自分も案外不確かなものだと知りました。
その印象の枠組みが取れて親密度が増していくことが、人間関係では大事だし面白い..
2008年02月13日(水)   No.118 (クオリティレポート)

QR_Vol.156【内発と自律のすすめ】
■前回の研究会報告(1月19日13:00〜16:00/参加者16名)

テーマ【内発と自律のすすめ】担当:渡邊奈都子

今回は、内発的動機付けの観点から「自分らしさ」について学びました。
環境要因や他者からの期待と、どのように折合いをつけていくかということが
選択理論的な自分らしさを見つける上でとても大切だということに気付きました。


↓参加者のフィードバックです。

■今日紹介して頂いたエドワードデシの本は、読んでみたものの意味がよく分からず、研究会で取り上げて頂いてとても感謝しまし..
2008年01月25日(金)   No.109 (クオリティレポート)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
QR_Vol.165【自己評価】
QR_Vol.164【知的感情で過ごすというこ】
QR_Vol.163【悲観と楽観の心理】
QR_Vol.162【「幸せな結婚のための8つのレッスン」第一章〜あな..
QR_Vol.161【アファーメーション】
QR_Vol.160【ゲシュタルト療法とリアリティセラピー】
QR_Vol.159【論理療法とリアリティセラピー】
QR_Vol.158【来談者中心療法とリアリティセラピー】
QR_Vol.157【コミュニケーションと親密感の関係】
QR_Vol.156【内発と自律のすすめ】

カテゴリー一覧
クオリティレポート(80)
研究会スケジュール(89)
子どもをいかす母親教室(57)

クオリティレポートは、
日本選択理論心理学会
静岡支部の研究会報告です
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2011年 /
01月 / 02月 / 03月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2010年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2009年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2008年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2007年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2006年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2005年 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
++ shin-ei-cc home ++

[管理用] [最新記事]
shiromuku(fs4)DIARY version 3.43