クオリティレポート

QR_Vol.155【注意したい考え方のクセ】
■前回の研究会報告(12月15日13:00〜16:00/参加者15名)

テーマ【注意したい考え方のクセ】/渡邊 義



↓参加者の皆さんからのコメントです。


■研究会は、義先生も素晴らしく参加されている皆さんも尊敬します。
参加すると内的コントロールの中に自分が居ることを実感します。

考え方のクセで、私は 全か無か思考 だと感じます。
しかし、人は変えられないのだから、相手の悪いところばかりに目を向けて
考えにそぐわない人に苦痛を感じるのは エネルギーをつかいます。
<..
2007年12月25日(火)   No.108 (クオリティレポート)

QR_Vol.154【一緒に暮らすということは…】
■前回の研究会報告(12月1日18:00〜21:00/参加者15名)

テーマ【一緒に暮らすということは…】/渡邊奈都子

今回は「一緒に“より良く”暮らすため」に必要な、共同活動(クオリティタイム)ではなく、個人活動(セルフコントロール)に焦点を当てて学びました。
特に、自分自身がその関係の中でどのような見方を選択しているのかは「一緒に“より良く”暮らすため」に大きな影響があることを分かち合いました。


↓参加者の皆さんからのコメントです。


■「一緒に暮らす」ことを、「共同活動」..
2007年12月05日(水)   No.102 (クオリティレポート)

QR_Vol.151【ストレスマネジメント 】
■前回の研究会報告(9月22日13:00〜16:00/参加者23名)

テーマ【ストレスマネジメント】担当:渡邊 義

今回は、選択理論心理学の観点からストレスマネジメントについて学びを深めました。

参加された皆さんとともに、「自分の口癖チェック」、「5つの基本的欲求から見るストレスチェック」「Y'sグラフ」などを作成しながら、自分のストレスの特徴を確認し、普段自分が行なっているストレス解消法が効果的かどうかを考えてみました。

新しい方々にもご参加いただき、多くの学びが得られたことを感謝致しま..
2007年10月05日(金)   No.95 (クオリティレポート)

QR_Vol.149【ロールプレイ研修】
■前回の研究会報告(8月18日13:00〜16:00/参加者16名)

テーマ【ロールプレイ研修】

今回は、8月に行われたサマースクールのご報告と、ロールプレイの学習を行ないました。


↓参加者の皆さんから寄せられたフィードバックです。

■たくさんの温かな出会いの中で、貴重な4日間を過ごさせていただいた子ども達。報告を伺って、コネクトがどんなに有効か、どんなに強力か、そして自己コントロール力が働くか。一人ひとりが心地よさの中で貢献し、達成感を味わったのだと思います。温かな人間関係のなかに..
2007年09月02日(日)   No.94 (クオリティレポート)

QR_Vol.148【自意識を育てよう】
■前回の研究会報告(7月21日13:00〜16:00/参加者18名)


テーマ【自意識を育てよう】担当:渡邊 義

自意識には、自分の内面を省みる私的意識と人からどう見えているのか
を振り返る公的時意識があります。この2つはとても重要な役割を持っ
ていて対人関係のあり方をを自己評価し、成長するために必要な意識と
言えます。

私的自意識と公的自意識のバランスをとるためには、責任の概念が鍵に
なると考えられます。



■「自意識」という言葉には、「過剰」といった言葉が後ろについ..
2007年08月25日(土)   No.92 (クオリティレポート)

QR_Vol.147【上級講座プレゼンテーション「犯人を捜せ!」】
■前回の研究会報告(7月7日18:00〜21:00/参加者16名)

テーマ【上級講座プレゼンテーション「犯人を捜せ!」】担当:山田彩琴

思ったよりも多くの方が来て下さり、少し緊張しましたが、プレゼンの前のウォーミングアップで「今日頑張ってくださいね!」と声をかけてくださった方々のお陰で、勇気と落ち着きを得る事ができました。
ありがとうございました!とても嬉しかったし、温かな仲間のいるありがたさが身にしみました。ジーン。
プレゼンは思った以上の反響がありビックリしました。いろいろ修正点や発見があ..
2007年07月12日(木)   No.89 (クオリティレポート)

QR_Vol.146【期待の調整】
■前回の研究会報告(6月2日18:00〜21:00/参加者12名)

テーマ【期待の調整】担当:渡邊 義

人間関係を維持するということは、期待の調整の連続である、ということが出来るます。期待の調整によって協力が得られます。期待の調整によって信頼が育まれます。
期待の調整によって争いが鎮まります。期待の調整は、より良い人間関係の必須の技術ではないかと思います。


↓参加者の皆さんから寄せられたフィードバックです。

■期待の調整は、家庭でも職場でも、問題解決のためには必要不可欠なことです..
2007年06月12日(火)   No.84 (クオリティレポート)

QR_Vol.143【キャラクター・エデュケーションを考える】
■前回の研究会報告(4月7日18:00〜21:00/参加者20名)

テーマ【キャラクター・エデュケーションを考える】担当:渡邊 義

人格教育と聞くと、窮屈な印象を持たれる方もいるのではないでしょうか。
確かに外的コントロールを用いた人格教育は、押し付けられるような感じを受け、気分の良いものではないと思います。

しかし選択理論をベースにして人格教育を考えると違ったものになります。選択理論で人格教育を考えると、自分の欲求を意識すること、欲求について責任ある満たし方をすること、支援的な人間関係を..
2007年04月08日(日)   No.79 (クオリティレポート)

QR_Vol.142【ロールプレイ研修】
■前回の研究会報告(3月17日13:00〜16:00/参加者8名)

テーマ【ロールプレイ研修】

選択理論を理解するのに最も効果的な方法は、ロールプレイだと言われています。今回は、ロールプレイで行った事例を図式化して視覚的に理解出来るようにし、選択理論をどのように適用するのかを考えました。(渡邊 義)





↓参加者の皆さんから寄せられたフィードバックです。

■人間関係相関図を使った事例検証は、見えているものと隠れていたものを再確認でき、クライエントとカウンセラーの認識を近づけることができました。

クライエントによっては、このような図を表示することにより、自分自身のあり方や行動へのヒントを見つけ出せるのではないかと思いました。

相関図を作りながら気付いたことは、クライエントの全行動の中で、何が外的コントロールの要素を持つものなのか、何が変えられて何が変えにくいものなのかを検証していくのも効果的かと思いました。カラー付箋紙で仕分けしていく方法もありますね。

頭の中で相関図が描けるカウンセラーになるためには、このような訓練の繰り返しが必要ですね。(松永祐子)
2007年04月03日(火)   No.76 (クオリティレポート)

QR_Vol.141【内的コントロールを身に付けるために 】
■前回の研究会報告(3月3日18:00〜21:00/参加者12名)

テーマ【内的コントロールを身に付けるために 】担当:渡邊 義

内的コントロールを身に付けることは、自分の人生を主体的に入るために、そして自由を得て責任を持って生きるために、に大きな意味があります。
今回は、内的コントロールについて復習し、内的コントロールを実践するためのポイントを学びました。(渡邊 義)


↓参加者の皆さんから寄せられたフィードバックです。


■内的コントロールについて学んでいくと、義先生がおっし..
2007年03月03日(土)   No.73 (クオリティレポート)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
QR_Vol.155【注意したい考え方のクセ】
QR_Vol.154【一緒に暮らすということは…】
QR_Vol.151【ストレスマネジメント 】
QR_Vol.149【ロールプレイ研修】
QR_Vol.148【自意識を育てよう】
QR_Vol.147【上級講座プレゼンテーション「犯人を捜せ!」】
QR_Vol.146【期待の調整】
QR_Vol.143【キャラクター・エデュケーションを考える】
QR_Vol.142【ロールプレイ研修】
QR_Vol.141【内的コントロールを身に付けるために 】

カテゴリー一覧
クオリティレポート(80)
研究会スケジュール(89)
子どもをいかす母親教室(57)

クオリティレポートは、
日本選択理論心理学会
静岡支部の研究会報告です
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2011年 /
01月 / 02月 / 03月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2010年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2009年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2008年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2007年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2006年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2005年 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
++ shin-ei-cc home ++

[管理用] [最新記事]
shiromuku(fs4)DIARY version 3.43