クオリティレポート

QR_Vol.130【選択理論心理学の日常での活用〜ディスカッション】
■前回の研究会報告(8月19日18:00〜21:00/参加者10名)

テーマ【選択理論心理学の日常での活用〜ディスカッション】

今回は、ディスカッションというよりも、まだ余韻の残っているクオリティサマースクールの報告をさせていただきながら、「信頼と尊敬に基づいた人間関係」がどのように効果をもたらすのか・・・ということを考えることの出来た時間となりました。

クオリティサマースクールは、今年初めての試みで、選択理論を土台にした授業運営やグループの構築に、たくさんのスタッフがトライアルできた素晴ら..
2006年08月30日(水)   No.46 (クオリティレポート)

QR_Vol.129【自由への道 〜選択理論の十の原理〜】
■前回の研究会報告(7月29日13:00〜16:00/参加者14名)

テーマ【自由への道 〜選択理論の十の原理〜】担当:渡邊奈都子

今回は、7月に参加した国際会議の報告をさせていただき、その後で、『グラッサー博士の選択理論』第13章「自由への道 〜選択理論の十の原理〜」を輪読しながら、皆さんと学びました。

この最終章には、グラッサー博士が選択理論を通して提唱されているエッセンスが、..
2006年08月16日(水)   No.44 (クオリティレポート)

QR_Vol.128【ソーシャル・ストーリーと7つの習慣 】
■前回の研究会報告(7月8日18:00〜21:00/参加者15名)

【ソーシャル・ストーリーと7つの習慣】担当:渡邊 義

今回の研究会は、キャロル・グレイの考案した「ソーシャル・ストーリー」を参考にして、選択理論のショート・ストーリーの作成に挑戦しました。

本来は、充分に時間をかけて作成手順を学んでからオリジナル・ストーリーを作るのですが、今回は概要を説明しただけで作成に入ったので、少し難しかったと思います。しかし、皆さん一生懸命作って下さって、本当にありがとうございました。

今回の研..
2006年07月28日(金)   No.40 (クオリティレポート)

QR_Vol.127【許すということ】
■前回の研究会報告(6月17日13:00〜16:00/参加者17名)

【許すということ】担当:渡邊奈都子

初めてこの研究会にご参加いただいた方も多く、にぎやかな回になりました。

今回は、グラッサー博士の『15人が選んだ幸せの道』の第3章「五年前の夫の浮気が許せない」ルーシーの話しを皆さんで輪読し、その後、「許す」ということについて、学びました。

・許すことがなぜ難しいのか
・許しに関する誤解(←これは6/20の“おすそわけ”をご覧下さい)
・許すことの意味と効果
・許しのプロセス
な..
2006年06月29日(木)   No.39 (クオリティレポート)

QR_Vol.126【機能性身体症候群に対する選択理論の対応】
■前回の研究会報告(6月3日18:00〜21:00 /参加者 計12名)

【機能性身体症候群に対する選択理論の対応】担当:渡邊 義

今回の研究会では、特に近年増加している機能性身体症候群を取り上げて、選択理論の学びを深めました。
機能性身体症候群とは、「明らかな器質的原因によって説明できない持続する身体的訴えがあり,それを苦痛と感じて日常生活に支障を来している」身体の状態のことです。線維筋痛症,過敏性大腸症侯群,慢性疲労症候群、舌痛症、間質性膀胱炎などの様々な疾患が含まれます。
研究..
2006年06月16日(金)   No.35 (クオリティレポート)

QR_Vol.125【逆説】
■前回の研究会報告(5月20日13:00〜16:00 /参加者 計11名)

【逆説】担当:渡邊 義

世の中には、「逆もまた真なり」ということがあります。
「子どもが一人で何もできないので、いつも代わってやっている」というのは、「いつも子どもに代わってやっているので、子どもは一人でできるようにならない」と見ることができます。
生活の中で、このような現象をたびたび見ることがあります。
正しいと思ってやっていることがどうしてもうまくいかない時、逆の視点で、対応を検討してみると新たな発見があるかもしれません。

このほかにも、逆説をテーマにして、"短所はその人の
2006年06月02日(金)   No.33 (クオリティレポート)

QR_Vol.124【ビジョントレーニング】
■前回の研究会報告(4月15日13:00〜16:00 /参加者 計15名)

【ビジョントレーニング】担当:渡邊 義

「視力(見える)」と「視覚(理解する)」は、異なる能力です。視覚に問題があると、モノが見えていてもそれを理解する時に問題が出てくることがあります。今回は、短い時間でしたが、参加された皆さんと、モノを見て、理解するために、
2006年05月09日(火)   No.30 (クオリティレポート)

QR_Vol.123【外的コントロールの見分け方】
■前回の研究会報告(4月1日18:00〜21:00 /参加者 計14名)

【外的コントロールの見分け方】担当:渡邊奈都子

 今回は、外的コントロールの信条と本質的な意味を確認すると共に、何があったら外的コントロールと言えるのか…、という視点から学びました。
というのも、「外的コントロールは悪いもので、やめるべきもの」とだけ覚えてしまうと、私たちが感じる「否定的な感情」や「不快な思い」までもが外的コントロールのような気がしてしまって、ご自身を責めたり、選択理論を学ぶことを諦めてしまうケースを見聞き..
2006年04月13日(木)   No.28 (クオリティレポート)

QR_Vol.122【カウンセリングの環境-2 〜リアリティセラピーの実践】
■前回の研究会報告(3月18日13:00〜16:00 /参加者 計8名)

【カウンセリングの環境-2 〜リアリティセラピーの実践】

全四回に渡って、ウォボルディングの博士の著書『リアリティセラピーの理論と実践』から学んできました。

復習を兼ねて皆さんで輪読をしたり、カウンセラーとクライエントのやり取りがセリフのように書かれている部分は、二人組になって対話形式で確認をしました。特に今回は、これまでの総括として、効果的な計画を立てる部分の対話を学びました。

この著書が邦訳されてから、かれこれ..
2006年03月31日(金)   No.25 (クオリティレポート)

QR_Vol.121【カウンセリングの環境-1 〜リアリティセラピーの実践】
■前回の研究会報告(3月4日18:00〜21:00 /参加者 計14名)

【カウンセリングの環境-1 〜リアリティセラピーの実践】

 リアリティセラピーで用いられる特徴的な質問は、カウンセリングの進む方向やクライエントの欲求充足の方法を見つけるためにとても効果のあるものですが、それらの質問技法(手法)は、適切なカウンセリングの環境という土台があって初めて活きるものです。今回は、同じくウォボルディング先生の著書から、カウンセリングの指針の一部を学びました。

 また、特に今回は、中級講座に進まれる..
2006年03月18日(土)   No.22 (クオリティレポート)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
QR_Vol.130【選択理論心理学の日常での活用〜ディスカッション】..
QR_Vol.129【自由への道 〜選択理論の十の原理〜】
QR_Vol.128【ソーシャル・ストーリーと7つの習慣 】
QR_Vol.127【許すということ】
QR_Vol.126【機能性身体症候群に対する選択理論の対応】
QR_Vol.125【逆説】
QR_Vol.124【ビジョントレーニング】
QR_Vol.123【外的コントロールの見分け方】
QR_Vol.122【カウンセリングの環境-2 〜リアリティセラピーの実..
QR_Vol.121【カウンセリングの環境-1 〜リアリティセラピーの実..

カテゴリー一覧
クオリティレポート(80)
研究会スケジュール(89)
子どもをいかす母親教室(57)

クオリティレポートは、
日本選択理論心理学会
静岡支部の研究会報告です
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2011年 /
01月 / 02月 / 03月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2010年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2009年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2008年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2007年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2006年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2005年 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
++ shin-ei-cc home ++

[管理用] [最新記事]
shiromuku(fs4)DIARY version 3.43