*** Report & Schedule ***


2006年03月の日記

■3月(第三土曜)の研究会テーマ:カウンセリングの環境-2
■ 3月18日(土)PM1:00〜4:00
(場所:神栄カウンセリングセンター ミーティングルーム)

テーマ:カウンセリングの環境-2 〜リアリティセラピーの実践

2月から学んでいるウォボルディング博士の『リアリティセラピーの理論と実践』の総括です。前回に引き続き、質問技法という「方法」の土台となる、カウンセリングの「環境」について学びたいと思います。(著書をお持ちの方はご持参ください)

※都合により、静岡支部のニュースレター/vol.24(1〜3月スケジュール)に掲載したテーマとは異なっています。..
2006年03月06日(月)   No.20 (研究会スケジュール)

■4月(第一土曜)の研究会テーマ:外的コントロールの見分け方
■4月1日(土)PM6:00〜9:00
(場所:神栄カウンセリングセンター ミーティングルーム)

テーマ:外的コントロールの見分け方/担当:渡邊奈都子

「外的コントロールは人間関係を壊す」ということを学ぶと、日頃感じる嫌な思いや否定的な考え方はすべて外的コントロールだと考えてしまう方が多いようです。そして「外的コントロールをやめて選択理論を行っていくことは苦しくて、自分には無理だ…」とご自身を責めてしまう方の声を聞いたことがあります。本当は、否定的な考えや行動=外的コントロールではありません..
2006年03月17日(金)   No.23 (研究会スケジュール)

■4月(第三土曜)の研究会テーマ:ビジョントレーニング
■4月15日(土)PM1:00〜4:00
(場所:神栄カウンセリングセンター ミーティングルーム)

テーマ:ビジョントレーニング/担当:渡邊 義

視力と視覚は異なります。視力は眼球の働きですが、視覚は脳の働きです。視覚は物事をイメージする時にも重要な働きをしています。短い時間ですが、共にビジョントレーニングを行い、脳を活性化させましょう。
2006年03月17日(金)   No.24 (研究会スケジュール)

QR_Vol.121【カウンセリングの環境-1 〜リアリティセラピーの実践】
■前回の研究会報告(3月4日18:00〜21:00 /参加者 計14名)

【カウンセリングの環境-1 〜リアリティセラピーの実践】

 リアリティセラピーで用いられる特徴的な質問は、カウンセリングの進む方向やクライエントの欲求充足の方法を見つけるためにとても効果のあるものですが、それらの質問技法(手法)は、適切なカウンセリングの環境という土台があって初めて活きるものです。今回は、同じくウォボルディング先生の著書から、カウンセリングの指針の一部を学びました。

 また、特に今回は、中級講座に進まれる..
2006年03月18日(土)   No.22 (クオリティレポート)

QR_Vol.122【カウンセリングの環境-2 〜リアリティセラピーの実践】
■前回の研究会報告(3月18日13:00〜16:00 /参加者 計8名)

【カウンセリングの環境-2 〜リアリティセラピーの実践】

全四回に渡って、ウォボルディングの博士の著書『リアリティセラピーの理論と実践』から学んできました。

復習を兼ねて皆さんで輪読をしたり、カウンセラーとクライエントのやり取りがセリフのように書かれている部分は、二人組になって対話形式で確認をしました。特に今回は、これまでの総括として、効果的な計画を立てる部分の対話を学びました。

この著書が邦訳されてから、かれこれ..
2006年03月31日(金)   No.25 (クオリティレポート)

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
■3月(第三土曜)の研究会テーマ:カウンセリングの環境-2
■4月(第一土曜)の研究会テーマ:外的コントロールの見分け方
■4月(第三土曜)の研究会テーマ:ビジョントレーニング
QR_Vol.121【カウンセリングの環境-1 〜リアリティセラピーの実..
QR_Vol.122【カウンセリングの環境-2 〜リアリティセラピーの実..

++ shin-ei-cc home ++

[管理用] [最新記事]
shiromuku(fs4)DIARY version 3.43