ウィリアム・グラッサー



[TOP]  [検索]  [管理用


ウィリアム・グラッサーとはどんな人ですか?
■回答■
William Glasser
1925年アメリカ オハイオ州生まれ
医学博士 精神科医
米国ウィリアムグラッサー協会理事長。

ケース工科大学で化学工学の学位取得。ウェスタン・リザーブ大学医学部にて博士号を取得。UCLAでレジデントを行ない、その後、ニューカリフォルニア州立非行少女更生施設精神科医長、教育者訓練センター所長を務めた。
1965年 精神療法の新しいアプローチ『現実療法』の著作で一躍有名になったグラッサー博士は、精神科医として活躍するのみならず、教育界においても『落伍者なき学校』(1969)『クオリティ・スクール』(1990)等を著し、大きな影響を与えている。
ニューヨーク州スチューベン郡の一学校区では、全市民を対象としたチョイスコミュニティ・プロジェクトに取り組み、学校区の関係者、病院関係者、大学関係者、そして司法関係者が関わり、問題の予防と人間関係の改善を目指している。

現在、グラッサー博士の提唱した理論と技法は世界的に広がり、アメリカのみならず、オーストラリア、カナダ、アイルランド、イギリス、ドイツ、韓国、シンガポール、イスラエル、クロアチア、クエート、ロシア、南アフリカなどで、活用されている。

*参考図書*
『警告!』
副題が【あなたの精神の健康を損なうおそれがありますので精神科には注意しましょう】という、かなりセンセーショナルな(!)著書です。
邦訳されているグラッサー博士の著書では最新のものです。人間関係のあり方が私たちの精神や身体にどのような影響をもたらすのか、日常での私たちの関わり方についてどのような意識をもつことが必要なのか....。
精神病という概念をもたないグラッサー博士の本当に伝えたかったことが詰まっている一冊です。


Copyright (C) 2005 shin-ei counseling. All Rights Reserved.

++SHIN-EI-CC HOME++
TOP
shiromuku(h)DATA version 3.50